間取りのヒント‼️評価されやすい間取り編

【評価されやすい間取り】

間取りはお客様のご要望毎に作成する物ですが総じてご評価頂ける造り方があるように思っています当然ご要望を満たす事は行った上で、更に設計士の知力も導入し住みやすい家にした上での事ですが【絵として美しい!!】←解りづらいですかねぇ~感覚的なんですが部屋ボリュームのバランスであったり建物全体の形状であったり【見た目】【絵が上手い】いまはCAD全盛です、これも絵が下手な人を補完しています、ではなぜこのような事になるか?大変失礼ですがお客様が素人だからです、提案された間取りの評価と同時に出された物を評価しているからです、でなに?は次ぃ

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~帖数編】

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~帖数編】 そうです、洋室は帖数を気にする必要はありません、とは言え大きさを共有する上では帖数は重要です、では何が言いたいかと言う と拘らない事が重要です、決まった大きさ、形を厳密に制約される事は間取りを作成の難易度をあげる事になります、自由度を爆上げするには寝室でやりたい事をしっかり伝え何をするか、それに必要な家具をしっかり置ける計画をして、で

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~編】

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~編】 お客様皆様【寝室は8帖、子供部屋は4.5帖じゃ狭いかなぁ~じゃ~6帖で!】こんな感じでご希望をいただきます、僕はいつもこれに対して、あっ決して批判しているわけではありませんよ、【敷かねぇ~しぃ~】と心のなかで叫んでいました、どういう事かと言うと、ご希望の数字は和室で使用される帖数の概念です、お子様部屋は大体洋室です4.5と6の間の帖数でも

間取りのヒント‼️【これが出来れば解決ぅ~】

間取りのヒント‼️【これが出来れば解決ぅ~編】 お客様の【これをつけたい!!】は唯一の解では無い!!突然なに?と思われると思いますがかなりの格言です、どういう事かと言うと皆様が【これをつけい!!】と思われる際には○○をやりたい=これをつけたい!!と言うと関係があります、この部分の【これ】はお客様の知識の中から出てきた○○を実現するための解決案です、←これが○○を解決出来る唯一の解決案で無いことが多