無料間取り診断ってこれですよね~

『住まいの殿堂』で訂正案がお役に立てたみたいです。よかったです、設計者は諸条件・要望・制約条件全てを検討して間取りを作ります。そうして作り出した間取りを訂正する時に『それもう検討したんだけどなぁ・・・』『もう何回も考えたのに・・・』とブレーキがかかります、設計者能力の問題では無く会社の体制の問題かなぁ、でも不幸になるのはお客様です、そこで優秀(?)で無責任な第三者の意見を聞いてみるのはいい事です、だめなら不採用、良ければ採用で間取りが理想に一歩近づきます。その一歩が設計者の『閃き』に影響して理想に近づく。←お客様にとって一番いい事ですねぇ~

15回の閲覧