無料間取り診断ってこれですよね~

『住まいの殿堂』で訂正案がお役に立てたみたいです。よかったです、設計者は諸条件・要望・制約条件全てを検討して間取りを作ります。そうして作り出した間取りを訂正する時に『それもう検討したんだけどなぁ・・・』『もう何回も考えたのに・・・』とブレーキがかかります、設計者能力の問題では無く会社の体制の問題かなぁ、でも不幸になるのはお客様です、そこで優秀(?)で無責任な第三者の意見を聞いてみるのはいい事です、だめなら不採用、良ければ採用で間取りが理想に一歩近づきます。その一歩が設計者の『閃き』に影響して理想に近づく。←お客様にとって一番いい事ですねぇ~

20回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~帖数編】

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~帖数編】 そうです、洋室は帖数を気にする必要はありません、とは言え大きさを共有する上では帖数は重要です、では何が言いたいかと言う と拘らない事が重要です、決まった大きさ、形を厳密に制約される事は間取りを作成の難易度をあげる事になります、自由度を爆上げするには寝室でやりたい事をしっかり伝え何をするか、それに必要な家具をしっかり置ける計画をして、で

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~編】

間取りのヒント‼️【敷かないっつぅ~のそれこだわるぅ~編】 お客様皆様【寝室は8帖、子供部屋は4.5帖じゃ狭いかなぁ~じゃ~6帖で!】こんな感じでご希望をいただきます、僕はいつもこれに対して、あっ決して批判しているわけではありませんよ、【敷かねぇ~しぃ~】と心のなかで叫んでいました、どういう事かと言うと、ご希望の数字は和室で使用される帖数の概念です、お子様部屋は大体洋室です4.5と6の間の帖数でも

間取りのヒント‼️【これが出来れば解決ぅ~】

間取りのヒント‼️【これが出来れば解決ぅ~編】 お客様の【これをつけたい!!】は唯一の解では無い!!突然なに?と思われると思いますがかなりの格言です、どういう事かと言うと皆様が【これをつけい!!】と思われる際には○○をやりたい=これをつけたい!!と言うと関係があります、この部分の【これ】はお客様の知識の中から出てきた○○を実現するための解決案です、←これが○○を解決出来る唯一の解決案で無いことが多